デビュー30周年を迎えた演歌歌手・小金沢昇司(58)が26日、東京・新宿区神楽坂で開催された「神楽坂ほおずき市」にゲスト出演し、ミニライブを行った。

 2008年のシングル「神楽坂」のリリースをきっかけに、神楽坂PR大使を務めている小金沢。ほおずき市への参加は今回で3回目で「『神楽坂』という歌がなければPR大使にもならなかっただろうし、毘沙門天で歌うこともなかった。歌手にとってありがたい」と語った。

 ステージでは30周年記念曲「おまえがいたから俺がいる」など6曲を熱唱。「30年を迎えて、歌っていろいろ力があるなと感じるようになった」としみじみ語り「デビューの時はうまく歌わなきゃと思って歌ってきたけど、今は曲の中身が聞いている人に届いているかなとか、どうやったら届くかなと思いながら歌っている」と話した。