NMB48の山本彩(24)が26日、大阪府庁咲州庁舎で行われた「2025年大阪万国博覧会を実現する国会議員連盟総会」に松井一郎大阪府知事(53)、西川きよし(71)らと出席した。

 山本は「2025年には32歳になるので、もっと大人になりますね。音楽は言葉関係なく世界共通で通い合えるものなので、もし大阪で万博が開催されたら、自分の作った歌を皆さんに聴いてもらいたい」と8年後の目標を語った。 

 また、西川は「70年の万博では(横山)やすしさんと祭り広場で漫才したのが思い出。当時は動く歩道やファミレスが登場したけど、2025年はどんなものが飛び出すか世界中が注目してると思う。大阪には『何かやったろう』という風潮があるので、期待していただきたい」と呼びかけた。