27日発売の週刊誌で報じられた、女性ボーカル&ダンスグループ「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33=自民党)と、妻子持ちの神戸市議(37=同)の不倫疑惑に対して、“浪速のエリカ様”上西小百合衆院議員(34)がコメントした。

 同日朝のTBS系情報番組「ビビット」が今井議員のスキャンダルを取り上げ、週刊新潮に報じられたいきさつや、今井氏と神戸市議の参院選時からの関係などについてMCの国分太一(42)やコメンテーターのテリー伊藤(67)らが議論したが、このやりとりの最後で、上西氏からコメントを得たとして、その発言を紹介した。

 テリーは「最近、上西さんが『ビビット』になついてきてるよね」と苦笑しながら“警戒”の構えを見せたが、紹介されたコメントが「週刊誌の報道をまだ拝見しておりませんし、内容もわかりませんので私から現段階でコメントすることはございません」と、同氏としてはしごく穏当な意見だったことから、出演者らは「ずいぶん普通だね」などとツッコミを入れた。

 しかし続く文面が「ただ、一般論として、不倫は誰も幸せにならないので、議員であるなしにかかわらず決してしてはいけないことだと、私は考えております」と今井氏にクギを刺す内容だったことに、テリーは「なんかひと言入れてくるよな」と、ここでも苦笑せざるを得なかった。

 実は、上西氏は6月23日に今井氏について「この人ほど自分の役割を理解している人はいない。どうせ仕事なんかできやしないんだから、人寄せに徹している。ある意味立派」とツイッターに投稿。これに今井氏が「初めまして!まだ直接ご挨拶できなくて申し訳ありませんが、色々とコメントありがとうございます」「今度会館の方にご挨拶に伺いますね」などとツイッターで応じ、直接の対面はまだ実現していないようだが、その後もSNS上ではコメントのやり取りが続いていた。