NMB48のキャプテン・山本彩(24)が27日、甲子園球場で行われた阪神—DeNA戦で「六甲おろし」の独唱を行った。

 5回終了後に背番号6のユニホーム姿で登場すると、持ち前の美声で六甲おろしの1番を披露。スタンドの虎党は大盛り上がりとなった。

 阪神タイガース応援女子「TORACO」の応援隊長を務めるさや姉の熱唱の後押しでチームは約40分間の中断の末に10—3と逆転勝ち。見事な勝利の女神ぶりを発揮したさや姉は勝利の「六甲おろし」をフルコーラスで歌い上げ、虎ファンと喜びを分かち合った。