フジテレビが26日に報じたかつての人気女優・石原真理子(53)が万引きしたとされるニュースは衝撃的だった。「一世を風靡した人気女優が弁当とお茶を万引きするなんて」といった声があちこちから上がった。だが、追跡するとミステリアスな展開が…。

 事件発生日はフジテレビ系報道番組「みんなのニュース」が当初報じた22日ではなく、18日の夕方。場所は東京・墨田区の錦糸町駅前だった。一部ではコンビニと報じられたが、捜査関係者によれば「スーパーだった」ようだ。

 石原とされる女は、弁当1個とペットボトルのお茶1本を会計せず店を出ようとしたため、店員が110番通報。女は警官に引き渡され、所轄の警視庁本所署へ連行された。この時点で関係者はその女が石原だと全く気付かなかった。

「女の姓はカタカナ(英語)で、本人は“なんとかマリエ”と名乗ったが『あの石原真理絵(旧芸名)!』とピンとくる者はいなかった。それが本当に石原本人なら、彼女は昔アメリカ人と結婚してたっていうから、そのときの姓を名乗ったんじゃないか」(関係者)

 通報した店員も気付かなかった女の所持金は3000円ほど。「別に買いたいものがあった…おなかがすいていたので取ってしまった」と供述したという。

「本所署幹部も、18日に万引き事案があったのは知っていたが、それが石原だとは思わなかったそうだ。フジの報道があり、そう言われてみれば目や太い眉、顔立ちは石原の身体的特徴と一致するが…。ちなみにその女のヤサ(住所)は、本所署の管轄外。墨田区内ではないが錦糸町の近く。店側との示談も成立しそのまま帰された」(同)

 フジの「みんなのニュース」は「本所署への問い合わせも、警視庁に事実確認もせずに報道に踏み切った」(前同)という。万引き女が石原だというよほどの確証を得たのだろうか。

 当の石原本人は、事件後もブログを更新しているが、万引きについては一切触れていない。

 ちなみに、弁当の中身は「めんたいことかが入ってご飯の上にのりが乗った幕の内弁当」と捜査関係者は話している。