歌姫マライア・キャリー(47)が激太りして歌手生命の危機が取りざたされている。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 マライアは11日(米国時間)、ラスベガスのシーザーズ・パレスの劇場で行ったコンサートに激太りした姿で登場してファンを驚かせた。ステージで歩くのもつらそうな様子だったという。10曲を披露したが、1曲終わるごとに舞台裏に引っ込んで休んでいたそうだ。

「彼女は明らかに口パクでした。舞台裏の楽屋で衣装を変えるのに15分もかかっていました」と観客は語る。

「散々でしたよ。13センチのハイヒールを履いていましたが、数センチしか歩けませんでした」と関係者もマライアの惨状を指摘した。

 現在の体重は約106キロにまで増えているという。

 肥満の問題に詳しい医師は「このままだと手足が不自由になる関節炎を引き起こす可能性があります。さらには心臓の疾患、高血圧、糖尿病になりやすくなり、がんになるリスクも高くなります」と警告した。

 また、マライアの関係者は「彼女は太り過ぎて今まで着ていたすべてのステージ衣装が窮屈になって動きにくくなっている。さらには2時間近いライブを行うスタミナがなくなっています」と打ち明けた。

 2006年にも激太りしたことがある。その後、もとのスリムなボディーに戻ったが、13年に再び激太り。そして、またスリムな体形に戻った。太ったりやせたりを繰り返しているマライアだが、果たして今回はベスト体形を取り戻せるか――。