アイドルグループ「NMB48」の“フレッシュレモンちゃん”こと市川美織(23)が28日、東京・新宿区のECHIGOYA STUDIOで、ショートドラマ「あじさい」の制作発表会見に出席した。

 市川は「子役時代からAKB48に加入するまで悩んだこと、悲しかったことが自分自身に重なって、役が入ってきている。10年前の初舞台から続く女優への夢を、大ファンの木村監督と歩めるのが幸せ」とコメントした。

 同ドラマはインターネット放送局「FRESH!」で9月9日スタートの「演劇を100万倍楽しむバラエティ〈劇魂〜GEKITAMA〜〉」(土曜午後10時〜)内で放送される。視聴は無料。全12回。制作費はクラウドファンディングでまかなうという。

 監督は「ATARU」「民王」「A LIFE」など有名ジャニーズアイドルの主演ドラマを手がける木村ひさし氏、脚本は「ナースのお仕事」「ごくせん」「1リットルの涙」を生み出した江頭美智留氏が担当する。まさにヒットメーカーの超豪華な“夢の共演”だ。

 冗談のわかる木村監督だけに“レモンキャラ”の登場もありそう。さらに主演の鳳恵弥(36=元準ミス・インターナショナル日本代表)は10年前の初舞台、今年2月の舞台で共演しており、気心が知れている。市川は「女優としての市川美織がここで生まれればいいな」と目を輝かせた。

 作品は29日からクランクイン。「宇宙刑事シャリバン」の渡洋史(54)、「超電子バイオマン」の牧野美千子(52)も参加する。