AKB48の16期研究生15人が28日、東京・秋葉原にあるAKB48劇場で「レッツゴー研究生!」初日公演前に、報道陣向けのゲネプロを行った。 同公演は、3年連続で劇場公演出演回数1位を誇るAKBの村山彩希(20)がプロデュースし、出演メンバーを選び、セットリストを考案。メンバーの浅井七海(17)、山内瑞葵(15)らは「快速と動体視力」「チーム坂」など全16曲をパフォーマンス。今年2月に劇場デビューしたばかりの15人は初々しさ満点だった。 16期研究生は全員で18人いるが、3人は公演に出演できるパフォーマンスレベルを満たせず不参加に。これまで初日公演は16人以上で行われ、この日も16人が出演する予定だったが、初めて1人欠けた状態で行われた。 オープニングではプロデュースを担当した村山が登場。「私は劇場公演が大好きで、たくさんのファンの方に劇場公演の良さを伝えていきたい。いいパフォーマンスができる子、できない子がいるのは事実。今の環境で甘えて育ってほしくない思いがあり、16人と発表していましたが、15人で初日公演を迎えさせていただきます。初日を迎えられなかった3人は準備万端になった状態で初日を迎えさせていただきます」と涙で訴えた。 ゲネプロ後の囲み取材では出演メンバーを15人にしたことについて、村山は「選ぶのは正直、つらかったけど、なあなあになってしまうのが一番怖い。これからAKBを担う立場でもあるので、ライバルというか厳しさも忘れないでほしい。私はこの劇場で頑張っている子たちが、みんなに知られてほしい。先輩たちが築き上げてきた劇場公演なので、その原点がある場所を魅力でいっぱいにしたい。劇場から新たなスターが生まれると思います!」と言葉に力を込めた。 楽曲「クロス」でセンターを務めた安田叶(15)は「センターだから間違えちゃいけない。家でも練習したり、メンバーにも教えてもらってやり切れた」と充実感いっぱい。「右足エビデンス」をソロ歌唱した山内は「最初にソロと聞いた時は本当にプレッシャーしかなくて…。でも、本当にうれしいです」と涙ながらに語った。