アイドルグループ「NMB48」木下百花(20)が29日、大阪市のNMB48劇場で行なわれたチームM公演「アイドルの夜明け」で、卒業を発表した。

 木下は「私、木下百花は、NMB48を卒業いたします。7年間、本当にありがとうございました。私は、ずっとここに入ってから考えてきていることがありまして、一人で歩いていこうかなと決断しまして、アイドルとしての木下百花としては、もう心残りはなく、やりきったなと思います。アイドルとしては、炎上などもして皆さんに支えられながら、7年間やりきったなと思います」とコメントを寄せた。

 卒業時期や今後の活動に関しては未定となっているが「自分から発信することが好きだなって、NMB48に入って感じることが多かったので、これからもどこかで発信できたらなと思いますので、今後のことはおいおい話していきます。そのへんで見かけると思います」とした。

 2010年、1期生としてNMB48に加入した木下は、個性的な髪の色や過激な発言など、アイドルらしからぬ言動で人気を集めた。1月に行われたAKB48グループの成人式では、晴れ着姿のメンバーの中、一人だけ旧国鉄の車掌の制服で登場し、異彩を放った。