タレント松居一代(60)の姿が、フジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」のカメラにまたまたキャッチされた。

 松居が7月31日、出身地の滋賀・近江八幡市内で愛車に乗っているところを番組スタッフのカメラにキャッチされ、その模様が1日の同番組で放送された。

 松居のブログの内容や関係者の話を総合すると、松居は7月30日に都内の自宅を出発。目的地は、同月5、6日に豪雨被害に遭った福岡・朝倉市で、ボランティア活動をするようだ。

「購入した高級外車ベントレーの納車日は8月1日だったが、延期したと思われる」(ワイドショー関係者)

 松居は1日のブログで「ついに、関門海峡を通過 やっと、通過したよ〜」と報告。「目的地の朝倉市役所に到着 東京から、約1400キロ 長旅でした」と記した。

 さらに「宿も当たっては、見ましたがダメだった ボランティア受付近くで、車中泊ですなあ…」「まずは銭湯を探しますね」などと続けた。

 先月まではSNSを駆使し、夫で俳優の船越英一郎(57)に激しい攻撃を繰り出していたが、船越の所属事務所ホリプロが同月24日、名誉毀損行為や業務妨害行為の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請したあたりから、松居はトーンダウンしている。

「これまでは“鬼嫁モード”だったが、最近は“かまってちゃんモード”が色濃くなっている。現在いる場所をブログで自らほのめかし、マスコミに取り上げてもらおうとしているように感じられる。『グッディ!』は現地入りして独占取材を狙っているようだ」と前出ワイドショー関係者は指摘している。