お笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭壱(49)、お笑い芸人のケンドーコバヤシ(45)、お笑いコンビ「プラス・マイナス」岩橋良昌(38)が2日、東京・千代田区のアキバシアターで行われた「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3」の完成披露イベントに出席した。

「ダウンタウン」松本人志(53)が手がける同シリーズは、お笑い芸人10人が賞金1000万円を争う“密室笑わせ合いサバイバル”。参加費は1人100万円で、制限時間は6時間。同じ部屋に集まった10人が、互いに笑わせ合い、レッドカードが出された者は退場するというルールで、最後まで残った1人が1000万円をゲットする。

 参加者には松本から招待状が届くが、ケンコバは「招待状が届くなんて、風俗10周年記念でもらって以来」。山本も「(番組出演の)説明を受けるや否や招待状をバッと出された。断る理由はない」と言い切った。

 断る理由がないことをMCから追及されると、山本は「引き受けた仕事はその日死んでもいいというくらい、頑張らせていただいた。きた仕事は順番に全力でこなしている」。あまりに謙虚な姿勢にケンコバは「何かあったんですか?」と突っ込まずにはいられなかった。

 山本は出演オファーが届いた際、相方の加藤浩次(48)に相談したそうで「んなもん、お前、やるしかないだろ」と言われたそうだ。これに山本は「収録の策略などの相談だったのに、どうするかのアドバイスはなかった」と少し不満をにじませた。