12日スタートのテレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」(毎週土曜深夜0時5分、初回放送のみ深夜0時35分)の初回収録が6日、東京・港区の同局で行われ、新アイドルグループの候補生7人がお披露目された。

 AKB48などを手掛ける秋元康氏(59)が総合プロデュースする同グループ。番組では毎週、挑戦者が候補生1人を指名し、歌やダンスなどのパフォーマンスで対決。審査員4人のうち毎週1人がその対決を審査し、敗れた場合はメンバーは入れ替わりとなる。最終的に残った7人が年内にデビューする予定だ。

「プロアマ問わず兼任可能」という前代未聞の応募条件の中、候補者は4932人の応募者から選ばれた。2013年のAKB48グループのドラフト候補生だった間島和奏(まじま・わかな=17)さんは「AKB48さんのドラフト候補生として、アイドルという夢の一歩手前まで近づいたのですが、今回の『ラストアイドル』でその夢をつかみきりたい」と意気込んだ。

 サンミュージック所属のタレント・安田愛里(やすだ・あいり=18)は「アイドルとして、歌ったり踊ったりする経験がないのですが、憧れてもらえるアイドルになれるように最後まで頑張ります」と力を込めた。

 ほかにも来月解散するアイドルグループ「オープニングシスターズ」の長月翠(ながつき・みどり=17)、宮城・仙台のご当地アイドル「sendai☆syrup」の元メンバー・相澤瑠香(あいざわ・るか=18)らが選ばれた。

 なお、会見には司会を務めるタレントの伊集院光(49)も出席した。