Gカップの巨乳女優Aによる売春&美人局疑惑の波紋が拡大している。Aが青年実業家B氏との性行為を自ら盗撮した生々しい画像が4日発売の「フライデー」で報じられたが、本紙が盗撮動画を入手して調べると、驚がくの事実が次々と発覚した。Aは余裕の表情で、隠しカメラに向かって左手親指を上げるサムズアップを披露。そればかりか積極的に濃厚なフェラをし、B氏とのセックスでは避妊が確認できなかった。情事後のピロートークでは、なぜか海外進出の野望も告白。誰もが知っている有名アスリートと熱愛の噂もある現役女優の超ド級な下半身スキャンダルを検証した――。

 フライデーはAの正体について「スレンダーな肢体にGカップの巨乳で注目を集め」「テレビドラマや映画にも出演してきた」と報じた。もともと抜群のスタイルを武器にグラビアで活躍。近年は女優業が中心で今年もドラマに出演している。

 同誌によれば、Aは、芸能界でいわくつきの人物として知られる芸能事務所関係者C氏からIT系企業を経営する青年実業家B氏を紹介された。その上で3年ほど前、AはB氏を相手に売春し、30万円を受け取ったという。

 それだけではなく、その性行為はAとC氏の共謀により、カメラで盗撮され、B氏はC氏から金銭を要求されてしまい、合計1000万円以上支払ったというから驚くしかない。つまり、Aは売春、そして美人局への加担、C氏は美人局を主導したことになる。

 芸能界で都市伝説としてささやかれる肉弾接待の闇ビジネスの一端が暴露された形だが、本紙は約80分にわたるこの動画を入手、検証した。

 AとB氏との売春セックスが盗撮されたのは、Aの自宅。白いシングルベッドが壁際に置かれている。Aはかわいらしい薄ピンクのキャミソール姿でB氏の訪問を出迎えた。

 談笑もそこそこにB氏がシャワーを浴びに行った間、Aはなんと隠しカメラに向かって左手親指を上げるサムズアップを披露。C氏に「任せて!」と言わんばかりの余裕の表情だ。

 B氏の訪問から20分ほどしかたっていないのに2人はベッド上で唇を重ねる。さらにAはB氏に「彼女いないの?」と探った後、「ところで名前は覚えてくれたの? Aだよ」とたずねた。このやりとりから、出会ってまもなく売春関係に発展したことがうかがえる。

 Aは実に積極的で「あれ、勃ってない?」と勃起具合を確認すると「(男性器を)元気にする?」とチュボチュボと慣れた所作で濃厚なフェラを開始。さらに「もっと(フェラ)する? 入れたい?」とエロチックにリードした。

 かと思えばクンニされ、「う〜ん…。すごい気持ちいい…」と身をよじらせる場面もあった。

 20分ほどの前戯の後、正常位で挿入。しかも、本紙が確認した限り、避妊具を装着した形跡が見当たらない。

 Aは突かれるたびに巨乳を揺らし、「う〜ん…。あぁ…」と恍惚の表情を浮かべ、あえいだ。

 だが、挿入から10分後、B氏は緊張からか、イケなかったようで、Aは「別にイカなくてもいいじゃん」と優しくフォローした。

 情事が終わった後のベッド上のピロートークで、Aは意外な話を口にする。「事務所もそんなに私に対して愛がないし、だったら辞めていいなと思って」と事務所への不満を吐露。

 当時から海外進出を夢見ていたようで「カンヌ(国際映画祭)のレッドカーペットに行きたい」「それに向かって努力すれば行けるでしょ」などと豪語した。売春直後の“カンヌ宣言”はむなしく響く。

 本紙はこれとは別にもう1本動画を入手。そこには、Aが芸能関係者らしき男性にフェラする姿が収められていた。

 Aにはスキャンダルタレントのイメージもつきまとい、「有名暴走族や半グレ集団との付き合いがささやかれたこともあった」(関係者)。さらに超有名アスリートとの熱愛の噂も絶えない。「万一、そのアスリートとの動画が存在したらメガトン級のスキャンダルに発展しますよ」と事情通も目を丸くする。今回の騒動について、本紙はAの事務所に問い合わせたが、回答はなかった。