妻子ある男性との略奪不倫疑惑を報じられた4人組グループ「SPEED」元ボーカルの自民党・今井絵理子参院議員(33)は昨年、都内のホテルで行われた政治関係のパーティーでちょっとした騒動を起こしていたという。

 今井氏にブチ切れられた当のパーティー出席者男性が振り返る。

「今井さんは白のスーツ姿だった。私は妊娠している知人女性と一緒に会場を訪れたんです」

 今井氏と男性、知人女性の3人で談笑していた際、今井氏はその女性のおなかに触れながら「妊娠されているんですね」とにこやかに話したという。

 男性は小太りで腹が出ており、「私も妊娠しているんですよ」とジョークを飛ばした。褒められた冗談ではないが、今井氏の表情がキッと険しくなった。いきなり罵声を浴びせた後、「冗談じゃないわよ!」などとブチ切れ、別の関係者の元へ行ってしまったという。男性と知人女性、その周辺はあぜんとしたそうだ。

「いきなり激怒されてビックリした。何と言われたかはっきり覚えていない」と男性は回顧した。

 今井氏は、聴覚障害を持つ一人息子(12)を育てるシングルマザーでもある。昨年のブチ切れ騒動について永田町関係者は「今井氏は母親でもあるから妊娠に関する冗談を笑えなかったのかもしれないが、有権者でもある男性のブラックジョークにいちいち反応するのはどうなのか。余裕がないと言わざるを得ない。それでいて、自分はこの期に及んで不倫疑惑を報じられる始末。議員としての自覚が足りない」と切り捨てた。

 今井氏は報道各社に送付した釈明文書で「今日の私を支えていただいているすべての皆さま、そして何よりも世界で一番愛している息子へ、私の人生をかけて向き合っていきたい」と汚名返上を約束したが、果たして――。