タレントの坂上忍(50)が9日、自身がMCを務めるフジテレビ系「バイキング」に出演。この日発売の週刊文春で二股不倫疑惑を報じられた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)について報道前に“怪しい言動”をしていたことを明かした。

 冒頭で、曜日レギュラーの「おぎやはぎ」の矢作兼(45)が「文春砲がバイキングメンバーに飛んできました」と切り出すと、坂上も「いつかこんな日がくると覚悟していたけど、まさかこのタイミングで本命がくるとは」とちゃかした。

 週刊文春によると、宮迫は20代のモデルと30代の美容系ライターの2人とそれぞれホテルで逢瀬を重ねていたという。

 これに対して坂上は「最初にはっきり言っておきましょう。クロです」と断言し、笑いをとった。続けて「僕らの商売って週刊誌にバレたらもう負けなんですよ。2弾、3弾もう持たれてるから、第1弾で潔く負けを認めちゃったほうがいい」と“アドバイス”した。

 疑惑を否定している宮迫だが、報道前に怪しい“予兆”を見せていたことに坂上が言及。4日の同番組放送前、宮迫に「最近週刊誌に張られているんですよ。(やましいことは)全然してないですよ」と相談されたことを明かし「(番組終盤の)フリートークでつい『宮迫君が記者に張られているみたいで、何もしてないから勘弁してくれませんかね』と言ったら、宮迫が(慌てた様子で)『うえっ〜それ今、言います』と僕の予想とは異なるリアクションを取った」と振り返った。

 宮迫をフォローするためだったのだが、「心の中でどこか申し訳ないなって気持ちがある」と余計な発言だったことを後悔し「生放送でちょっと言ったら、その1時間後に文春さんの直撃を食らったそうなんです」と流れを説明した。