タレントの蒼井そら(33)が人気アニメ「変形少女」の新作で声優デビューすることが10日、分かった。蒼井は今月中旬公開予定の「那奈篇」に登場。新キャラクター・那奈(設定は17歳)の変形時のセクシーさをどう表現するか注目されている。

「変形少女」はユーチューブでの全世界累計視聴回数が450万回を超える大人気シリーズ。これまでセーラー服が似合う少女「羽瑠」を声優M・A・O、リュックがトレードマークの少女「りん」をカリスマコスプレイヤー・えなこ、恥ずかしがり屋の少女「衣月」を声優・花澤香菜が演じてきた。

 初めて声優に挑戦した蒼井は「小さいころからハスキーな声だったんで、実は周りからも声優を勧められていました。でも今までは全く機会がなかったので、今回ようやくチャレンジできてうれしいです」と喜びを語った。そして「自分が演技をするのと、声優としてキャラクターに命を吹き込むのは全然違うと実感しました」と振り返った。

「変形少女」の感想を聞かれた蒼井は「シュールな作品だなと(笑い)」。登場キャラクターについて「『ありさ』に似ていますね。口が少し悪くて、校則は破りがち、あと、ルーズソックス派だったし」と笑った。同作のトレードマークは制服とあって「私はブレザーの高校だったからセーラー服には憧れがありました。撮影で着ると脇がチラ見えしたりして、『これがセーラー服か!』と感動しながら着てました(笑い)。あと、コスプレするならニーハイの衣月もカワイイし、全身白で青のショートカットウイッグで那奈になりきるのもいいですね。実際にはあまりしたことないので、アニメっぽいコスプレして人形みたいな写真を撮りたいです」とコスプレにも意欲を見せた。

 最後にファンに向けて「今はショートアニメですけど、今後どんな話になっていくのか、想像しながら見てください! ちなみに私は“正義のヒーロー戦隊的な感じかなー”と、勝手に思ってますけどね」とコメントした。

◇公式サイト:http://henkeigirls.com