芸能生活50周年を迎えた大御所漫才コンビの中田カウス・ボタンが10日、大阪市の吉本興業本社で会見を行った。

 50年間コンビを続けてきたが、ボタン(69)は「この50年、相方に教えられることばかりで今も頼り続けている。一つでも相方のお手本になるようなことを見せなアカンな」と話すと、カウス(68)は「こういうことを素直に述べるボタンさんの正直なところが好きですね」と笑った。

 コンビ解散危機になるようなことも「ないんですよ。ケンカもない。ケンカから何も生まれないのは若いころから分かっていました。コンビなんてのは、ネタ合わせしなくなったり新ネタ作らなくなると危ない。漫才師は漫才をやっとかんと」と秘訣を語った。

 まもなく70歳になるが、健康面に問題はないという。「年間3〜4本は新ネタをこなしている」といい、1日4回の舞台を務める日もあるなど精力的に漫才に打ち込むカウス・ボタン。カウスは「1回目と4回目の舞台が変わらない舞台をするのがプロ。2回、3回と疲れていくようじゃ引退せないかん。プロとアマチュアの違いは修羅場に強いこと。襲撃に遭おうが、2日後には舞台に出てますから」と、2009年に車に乗車中、フルフェースヘルメットをかぶった男に金属バットで襲撃された事件を切り出した。

「あの時も漫才のこと考えてましたね。金曜に襲撃されましたけど、月曜の楽日には復帰しないと世の中に忘れられるし、皆さんも来てくれない。舞台に出て行って、相方に『やったのお前やろ』って言うて、お客さんにドカーンとウケた。一発目、早く笑いを取るということは大事なことで、お客さんにも助けられた」と振り返った。

 また、上方漫才の普及のために、13年にスタートした「漫才のDENDO全国ツアー」が、10月30日の東京公演(恵比寿 ザ・ガーデンホール)で終了する。同ツアーはカウスが企画し、漫才の披露だけでなく、上方漫才の歴史を作った先輩芸人のVTR上演、旬の若手芸人とのトークなどを行ってきた。今回、11月10日(大阪中央公会堂)から2周目に突入することが決まり、カウスは「初回の公会堂は『雨上がり』に来てもらおうかな」と、二股不倫疑惑が伝えられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)を引き合いに出して笑いを誘った。