テレビ東京とBSジャパンが7日、東京・六本木グランドタワー1階の駅前広場で「7ch(ナナチャン)クリスマス」を開催し、同局アナウンサーの須黒清華(33)、鷲見玲奈(27)、野沢春日(27)が参加した。

 須黒アナと鷲見アナはサンタコスプレで登場。大勢の観客を見ながら、須黒アナが「人が来てくれるのか不安だったので、ほっとしています」と胸をなでおろすと、鷲見アナも
「(スカスカだったらと思ったので)よかった」と笑顔を見せた。

 来年の抱負について須黒アナは「おいしくお酒を飲めるように、健康に気をつけたい。あとはもうちょっと痩せたいな」。

 鷲見アナは「来年は初めてオリンピックに関わらせてもらうので、頑張りたい。個人的には親孝行と、年末に向けてちょっとだけ体重を落とせたので、来年も維持できるようにしたい」とナイスボディー維持を掲げた。

 イベントが大盛況のうちに幕を閉じ、テレ東関係者も「この時期にこうしたイベントを初めて行いましたけど、大勢いらしていただきよかったです」と満足げだ。

「テレ東といえば、『家、ついて行ってイイですか?』『YOUは何しに日本へ?』『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』など、他局にはない独創性あふれる番組で勢いに乗っている。『池の水ぜんぶ抜く大作戦』の11月26日放送回は平均視聴率12・8%という高視聴率を記録し、日テレの『世界の果てまでイッテQ!』に次ぐ2位になった」(民放関係者)

 かつて視聴率最下位が定位置だったテレ東の快進撃は続くが、「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)でも躍進を狙っている。

「2017年度ランキングで大江麻理子アナが5位に入りましたが、テレ東には他にも魅力的な女子アナが多い。今回、須黒アナ、鷲見アナをフィーチャーしたイベントを仕掛けたのも、テレ東の野心を感じる」(前同)

 女子アナ界でもテレ東旋風が吹き荒れるか。

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区