英ヘンリー王子(33)と婚約し、来年5月19日に英ケンジントン宮殿で挙式する米女優メーガン・マークル(36)に鼻の整形疑惑が取り沙汰されている。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 発端は高校の卒業アルバム。メーガンはロサンゼルス生まれで、ロスの私立高校に通っていた。当時と現在の彼女の写真を見比べると、鼻の形が変化しているのが分かるという。

 それを見比べたボアード・セルティファイド整形外科のマチュー・シュルマン医師は「彼女の現在の鼻尖(鼻の先端部分)と鼻梁(鼻筋)の幅が以前より狭くなりスリムになっています。鼻の整形手術を受けたと思われます」と指摘した。

 また、美容整形の専門医ステファン・グリフカ医師も「鼻筋が細くなって鼻の先端部分も少し狭まって全体的にスッキリした鼻になっています。鼻の軟骨を削るなどの整形手術をしたとみられます。全体的にとてもうまく仕上がっていると思います」と証言した。

 一方、整形外科医のアダム・H・ハムウェイ医師は「整形手術をしているようには見えません。顔のしわをなくすためにボトックスなどの注射をしたかもしれませんが、それだけでしょう。顔の印象はメークや照明などで変ります」と手術説を否定した。

 果たして真相は? ハリウッド女優の整形は日常茶飯事といわれるだけに気になるところだ。