女優・吉永小百合(72)、俳優・堺雅人(44)が15日、大阪市内で行われた映画「北の桜守」(3月10日全国公開)記者会見に登場した。

「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎(62)監督による同作は「北の零年」(2005年)、「北のカナリアたち」(12年)に続く“北の3部作”最終章。北海道・網走で戦後の苦難の中、命がけで息子を育てる主人公・江蓮てつを演じる吉永は、今作が120本目の映画出演となる。

「私は北海道オタクで北海道が大好きなので“北の3部作”ということになったんですけど、堺さんは、とても嫌われていました。堺さんのご出身は宮崎で、私の父は鹿児島なのに『何で南の3部作じゃないんですか』と言われました」と明かし、笑いを誘うと「北海道の雄大な景色の中で演技をしていると、私自身グレードアップするような感じがありました。3作品やらせていただき、いい思い出になりました」と笑顔を見せた。

 そんな吉永は「流氷オタクでもあるんです。来週か再来週に網走で上映会があるんですが、見られるかもしれないので楽しみですね」と流氷見物を楽しみにした。

 一方、吉永とは11年公開のアニメ映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」以来の共演で、息子・修二郎役を演じる堺は「日本人って桜が大好きで、桜にぶつかっていく人はいないですけど、吉永さんとの撮影の日々は、桜の花びらに包まれているようでした」と振り返った。