昨年2月16日に心不全のため亡くなった作曲家の船村徹さん(享年84)の一周忌法要が15日、都内で行われ、北島三郎(81)、鳥羽一郎(65)ら約350人が参列した。

 菜の花など2000本の花で飾られた祭壇には2006年ごろ、故郷の栃木県で撮影された笑顔の船村さんの遺影が飾られた。弟子を代表し献杯の音頭を取った北島は「お師匠さんが亡くなって1年があっという間に過ぎました。寂しさとともに、もう1年かと。今度は自分のことを心配する季節になったなと思う気持ちです」と師匠に語りかけた。昭和34年に船村さんと出会ったころからの思い出話を約30分間ほど語った北島は「師匠は寂しがりやでロマンティストな人でした」と振り返った。

 昨年夏に白内障の手術をして以来「すごく見えるようになったんだけど、まぶしくてね」と色つきのメガネをかけ始めたところ、「お師匠さんに似てきたと言われるようになった。鏡を見ても似てるなと思う」という北島。「まったくの他人なんですが、一緒にいた時間が長かったからかな」と語った。

 法要では生前、日の目を見なかった曲への供養として、船村さんが毎年、自身の誕生日に当たる6月12日に開催していた「歌供養」も併せて行われた。