女優で歌手のすみれ(27)、お笑いコンビ「FUJIWARA」の原西孝幸(46)が15日、都内で行われた映像配信サービス「Netflix」で独占配信中の映画「クローバーフィールド・パラドックス」の配信記念スペシャルトークショーに出席した。

 同作は、米テレビシリーズ「LOST」や映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などを手がけたJ・J・エイブラムス氏(51)による「クローバーフィールド」シリーズの最新作となる。

 すみれは赤いワンピース姿で登壇。昨年、念願のハリウッド映画デビューを果たし、「いつかこういう作品に出演できるように、日本でもアメリカでも頑張っていきたい」と意気込んだ。

 映画雑誌「映画秘宝」の岩田和明編集長は同作を人気テレビゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する呪文・パルプンテに例え、「何か起こるかわからない映画」と評した。しかし、すみれは「ドラゴンクエスト? 知らない…。え? ゲーム?」と、ちんぷんかんぷん。原西は「ドラクエを知らない人いるんや」と驚いていた。

「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンで、J・J・エイブラムス作品がお気に入りというすみれ。司会者から「Netflixならどんな作品に出演したいか?」と聞かれると、すみれは「もう全部の作品に出演したい!」と女優としてどこまでも貪欲だった。