日本ハムの斎藤佑樹投手(29)が今オフから、新球チェンジアップの習得に励んでいる。速球より20キロ近く遅い球で、打者のタイミングをずらして打ち取る“魔球”だという。そこで本紙記者が魔球のネーミングライツを譲ってもらえないか打診してみると、斎藤は「(名前を)つけてくれるんですか? いいですね」とまさかの快諾。後日、斎藤と本紙記者の間で行われた“魔球命名会議”の模様を完全リポートする。

 ――じっくり考えさせていただきました

 斎藤:よし、つけましょう。ちなみに候補は何個くらいあるんですか。

 ――クオリティーはともかく、8個ほど考えてきました

 斎藤:8個!? よっぽどいいのがあるんでしょうね(笑い)。8個もありますからね。

 ――斎藤さんには妥協せず査定してもらいたいと思います。1つ目は、ドイツの潜水艦「Uボート」の“U”と“佑”をかけて「Uボール」です

 斎藤:うーん、なんだか軟らかそうな語感ですよね、打たれそう。できれば硬い感じのほうがいいです。次お願いします。

 ――…分かりました。今後も毎年改良を重ねていくと思うので、その年ごとの名前として、ボージョレヌーボーみたいに「佑2017」とかは

 斎藤:ほお。いいじゃないですか。

 ――えっ、いいんですか。予想外の反応で驚きました。これが却下されるであろうと見越して「スーパー」や「スペシャル」をつけたバージョンも考えていました

 斎藤:漫画みたいな。

 ――そうですね。漫画で言うと「大リーグボール1号」のような名前もいいかな、と

 斎藤:それ、何でしたっけ!?

 ――「巨人の星」で星飛雄馬が投げた魔球ですね

 斎藤:おぉ…。それで名前の方は。

 ――「パ・リーグボール1号」です

 斎藤:「パ・リーグボール」ね(笑い)。自分がパ・リーグの名前を独占しちゃっていいんですか(笑い)。ほかは?

 ――…巨人の山口俊投手は、元力士だった父に由来した“どすこいボール”などがありました。なので自分にちなんだ言葉で「○○ボール」とするのはどうでしょうか。昔を思い出すという意味で「ハンカチボール」とか

 斎藤:ほぉ。それでいいんじゃないでしょうか。

 ――いいんですか。一応ほかにもあるので念のため、お伝えします。元巨人の江川さんは「打者が腰を引く」という意味で“こしひかり”という魔球をつくりました

 斎藤:おぉ、こしひかりね!

 ――その後、江川さんはお米農家から感謝の気持ちとしてこしひかりをもらったらしいんですね

 斎藤:へぇ〜!

 ――なので斎藤さんも何か欲しいものの名前を付けるのはどうかと

 斎藤:ハハハハハ! 下心は出しちゃいけないんですよ。

 ――確かに。では表向きは隠しつつ、もし欲しいものをつけるとしたら何がいいですか

 斎藤:なんだろうなぁ…。

 ――斎藤さんはそもそも何が好きなんですか? ちなみに自分はラーメンが好きです

 斎藤:ラーメンはおいしい! でもおいしいけど、一番何が好きか聞かれて「ラーメン」って答えるのはアスリートとしてまずい(笑い)。やっぱり牛肉ですね。

 ――「サーロインボール」に決まりですね

 斎藤:いや、サーロインも好きだしフィレも好きだしカルビもハラミも全部好きだし…。

 ――そうなると「ビーフボール」ですか

 斎藤:そうですね。というかこのふざけた名前の話でこんなに質問してくる人初めてですよ(笑い)。

 ――申し訳ないです

 斎藤:いや、でも実際嫌いじゃないですよ(笑い)。

 ――ありがとうございます。今回の命名会議で、自分にセンスがないことが痛いほど分かったので、ファンの方から公募という形でアイデアを集めるのはどうでしょうか

 斎藤:それが一番いいじゃないですか! でもその前に、この球をしっかりと使って、しっかりと結果出して、ちゃんと勝ち星挙げないといけないわけですからね。

 ――そうですね。2月までの完成目標とのことだったので、それまでにリストアップしたものを斎藤さんにお渡しして決めてもらう、というのはどうでしょうか

 斎藤:いいですね! いいです。そもそもそんなに集まらないと思うけど…。

 ――いやいや、ものすごい量のハガキが会社に届くと思います

 斎藤:そんな集まるわけないでしょう(笑い)。ほんと面白いな。ほんと東スポってふざけてますよね(笑い)。

 ――それでは本紙の方で募集させていただきます!