【新馬勝ち3歳総点検・中山】

★日曜(12日)芝内2000メートル=大外枠から先手を奪ったリヴァージュがそのまま逃げ切った。

 うまくマイペースに持ち込んだ面はあるにせよ、上がりも出走中3位にまとめて3馬身半差の圧勝は能力があるからこその芸当だ。

「稽古はいくらでも動く。心臓がしっかりしている」(田村調教師)というようにスタミナ面には不安はない。

 今後は舞台が東京に替わった際の高速上がり決着に対応できるかがカギとなる。

★土曜(11日)ダート1800メートル=フリーフローが好位から抜け出してクビ差勝ち。

 父はこれがJRA初勝利となったバーディバーディ。血統は地味だが、同日の未勝利と0秒4差の勝ちタイムは悪くない。

 今後の良化度次第では上のクラスでも。

★月曜(13日)ダート1200メートル=ペイシャチャームがV。

「まだ馬が仕上がり切っていない」(山田)こともあって、直線内にモタれながらの差し切り。粗削りな走りから伸びシロは大きそうだが…走破時計1分14秒5は平凡。

 昇級即通用は厳しいか。

★月曜(13日)芝外1600メートル=フォースオブウィルが先に抜け出した1番人気リーガルバトルをゴール直前で差し切った。

 スタートで立ち遅れて、道中は後方の外めを追走。

「展開は向きませんでしたが、それでもこの競馬。クラスが上がってもやれそうです」と宮崎が話したように、着差以上に中身はあった。

 血統は地味だが、今後の成長次第では出世が望める馬だ。