広島・佐々岡真司新監督(52)が9日からマツダスタジアムで始まった秋季練習で“初タクト”を振った。練習前の円陣では選手らを前に「チームみんなで一体となって戦っていこう」とあいさつ。初練習では投手と野手が一緒になってノックを受けるなど一体感を演出した。対話重視の新指揮官らしく、練習終了後は一塁側ベンチに腰を下ろしてメディア対応。大勢の報道陣を前に「まだ『監督』って言われることに慣れていないのでちょっと照れる」と頭をかいていた。