ソフトバンクが7日の楽天戦(ペイペイドーム)に4―3で快勝した。復帰したエース・千賀の力投と主砲・柳田の4号弾を含む3打点の活躍で、首位・楽天との6連戦の初戦に勝利し、借金を1とした。

 無観客の本拠地で目を引いたのが、左翼席に陣取ったロボット応援団だった。おなじみの人型ロボット・ペッパー君に加えて、この日からはグループ企業の「Boston Dynamics社」が手掛ける四足歩行型ロボットの「Spot」が新登場。7回のラッキーセブンでは応援歌の「いざゆけ若鷹軍団」に合わせてダンスを踊った。

 ちなみに謎の犬に見える「Spot」の値段は1台およそ800万円(7万4500ドル)。6月中旬から米国企業向け中心に販売を開始している。ペイペイドームには20台が動員されており、実に総額1億6000万円のゴージャス応援団となる。

 パワーが自慢の柳田の直撃弾が出たら…と心配にもなるが、頑丈なロボットな上に保険にも入っているとのことで、球団関係者は「歓迎です」と笑顔で話した。