ドイツ1部リーグは24日、各地で試合を行い、元日本代表MF長谷部誠(36)と日本代表MF鎌田大地(24)が所属するEフランクフルトはアウェーのバイエルン・ミュンヘン戦に0―5で大敗した。

 チームは今季初黒星。相手エースのポーランド代表FWロベルト・レバントフスキ(32)にハットトリックを許してしまった。長谷部はフル出場し、鎌田は0―2の前半のみで交代した。

 ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太(22)は、ホームのフライブルク戦に後半26分から出場。試合は1―1で引き分けた。