西武・辻発彦監督(62)が0―4と完敗した8日の楽天戦(メットライフ)で6回途中5安打4失点の2年目・上間永遠投手(20)のプロデビュー戦をたたえた。

 初回をわずか11球の三者凡退スタート。この立ち上がりを振り返った指揮官は「もっと緊張してバタバタすると思ったけどね。(茂木に)ホームランは打たれはしたけど、素晴らしい闘志で『また使えるな』という印象を受けた。インコースにも投げられていたし、あのくらいのスピード(最速145キロ)でも抑えられるんだというところ。素晴らしいピッチングだったと思う」と19年のドラフト7位、20歳右腕の真っ向勝負を絶賛した。

 チームはこれで敵地・福岡でソフトバンクに3連勝後、本拠地で3連敗を喫し6勝4敗1分けとなった。

 これに辻監督は「やっぱり(楽天は)すごくピッチャーも充実していて打線も調子がいい。本当に力負けですよ。この3連戦に関しては(故障者続出の)ウチが力のない状態になっていた。また、次の時にこの借りを返せるようにしたい」と現状を受け止めていた。