無敗馬と2歳王者が真っ向勝負! 牡馬クラシック第1弾「第81回皐月賞」(18日=日曜15時40分発走、中山内2000メートル)の枠順が15日午後、以下のように決まった。

 前走の共同通信杯を制し、3戦3勝で本番に臨むエフフォーリア(牡3・鹿戸)は4枠7番。今年初戦の弥生賞ディープインパクト記念で初黒星(3着)を喫した〝2歳王者〟ダノンザキッド(牡3・安田隆)は4枠8番から復権を目指す。

 新馬戦→京成杯を連勝したもう1頭の無敗馬グラティアス(牡3・加藤征)は8枠15番。池添学調教師&池添謙一騎手の〝兄弟タッグ〟で参戦するヴィクティファルス(牡3)は3枠5番に決まった。

 また、追加登録料(200万円)を支払って出走するアサマノイタズラ(牡3・手塚)は7枠14番、ルメールに乗り替わった若葉Sの覇者アドマイヤハダル(牡3・大久保)は1枠1番に入った。


★「皐月賞」枠順と騎手(斤量は全馬57キロ)★

1枠1番  アドマイヤハダル  ルメール
1枠2番  ルーパステソーロ  木幡巧
2枠3番  ステラヴェローチェ 吉田隼
2枠4番  イルーシヴパンサー 大野
3枠5番  ヴィクティファルス 池添
3枠6番  ヨーホーレイク   岩田望
4枠7番  エフフォーリア   横山武
4枠8番  ダノンザキッド   川田
5枠9番  ラーゴム      北村友
5枠10番 シュヴァリエローズ 三浦 
6枠11番 ディープモンスター 戸崎圭
6枠12番 ワールドリバイバル 菱田
7枠13番 タイトルホルダー  田辺
7枠14番 アサマノイタズラ  嶋田 
8枠15番 グラティアス    Mデムーロ
8枠16番 レッドベルオーブ  福永