原巨人がまた一つ新たな歴史を刻んだ。巨人が15日、通算2000試合目となる阪神との「伝統の一戦」(東京ドーム)に5―3で勝利。メモリアルゲームを白星で飾った原辰徳監督(62)は、試合後に熱い胸の内を明かした。

 1936年7月15日に行われた1試合目に始まり、両チームによって脈々と受け継がれてきた〝GT戦〟の歴史。指揮官も「本当にジャイアンツのOBの方もね、タイガースのOBの方もね、2000という数字をね、どういう思いで見てらっしゃったかという。それをジャイアンツの選手もね、両軍ともにね、死力を尽くした良いゲームだったと思いますね」と感慨深げに振り返った。

 当然「伝統の一戦」はこれで終わりではない。「まだまだ未来永劫続くでしょうし、そういう中で我々が2000回目という現場を預かっているというようなね、どこか幸せに感じてですね、また明日からの英気にするというふうに思っております」と、覚悟を新たにした。

 試合後には「粋」なファンサービスも飛び出した。終了後もスタンドに残った多くのファンに向けて、原監督は帽子を取り、両手を上げてあいさつ。内野から外野まで360度、さらには遠く離れた2階席のファンからの声援にもしっかりと手を振り返し、まるで一人ひとりと目を合わせるかのようにじっくりと笑顔を向けた。これにはファンも大興奮。指揮官がベンチへ戻る直前まで、両者は互いに手を振り続けていた。

 現役時代に迎えたGT戦1000試合目では決勝3ランを放って勝利に貢献した〝若大将〟が、総大将となった今、当時から変わらない〝神対応〟で、再びG党を沸かせた。