「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2017」(7月30日、さいたまスーパーアリーナ)で開幕するバンタム級トーナメント1回戦に出場する元UFCファイターの堀口恭司(26)が19日、都内で公開練習を行った。

 練習拠点の米国・フロリダから16日に来日したばかり。「時差ボケがかなりきてます」と苦笑いしながらも、シャドーでは軽快な動きを披露した。

 トーナメント1回戦では寝技を得意とするベテラン・所英男(39)と対戦するが「相手の戦い方に付き合わず、一方的な試合にしたい」ときっぱり。伝統派空手をバックボーンに持ち、打撃を得意とするだけに「盛り上がる、しっかり決める試合にしたいですね。ストレートかパウンドで倒したい」とKO決着を誓った。