21日の新日本プロレス東京・後楽園ホール大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、初戦で後藤洋央紀(38)とのCHAOS同門対決に敗れ黒星スタートとなった石井智宏(41)は、真壁刀義(44)と激しい肉弾戦を展開。最後は必殺の垂直落下式ブレーンバスターを決めて初勝利を挙げた。

 しかし試合後は、何が気に食わなかったのか不機嫌モードで「ダメだ!」とバッサリ。さらに「全然ダメだ! クソみてーな試合だ!」と吐き捨てながら、勝利を喜ぶそぶりも見せずに引き揚げていった。