前文部科学相の馳浩衆院議員(56)が26日、「プロレスリングマスターズ」(東京・後楽園ホール)で一夜限りの復帰を果たした。

 2006年8月に引退して以来、約11年ぶりに選手としてリングに帰ってきた馳氏は、当時と同じ黄色いコスチュームで往年の入場曲「Two Hearts」に乗って入場。1626人超満員札止めの観衆から大歓声で迎えられた。

 試合は新日本プロレス時代の先輩だった藤波辰爾(63)、長州力(65)と組み、グレート・ムタ、ザ・グレート・カブキ、TNT(52)組と対戦。9分すぎには指をグルグル回すアピールからカブキの足をつかむと、代名詞だったジャイアントスイング20回転を披露してみせた。

 1990年9月14日の新日本・広島大会で大流血させられた因縁のムタからイス攻撃の洗礼を受ける場面もあったが、最後は裏投げからのノーザンライトスープレックスホールドでTNTに勝利。試合後は「思う存分やらせてもらいました」と笑顔で話したが、今後については「色気も出さないし、自分のやることをしっかりやります」と政界での“戦い”に集中するつもりだ。