新日本プロレス2日の福岡大会「G1クライマックス」Bブロック公式戦で、NEVER無差別級王者の鈴木みのる(49)は小島聡(46)を下して2敗を守った。右腕殺しでラリアートの威力を半減させると、2発目の首折り弾にカウンターのドロップキックを発射。最後はゴッチ式パイルドライバーで沈めて「お前はただの脱落者だ。触ってもらえただけありがたいと思え。二度とツラ出すんじゃねえ」と不敵に勝ち誇った。