新日本プロレス2日の福岡大会「G1クライマックス」Bブロック公式戦で、SANADA(29)はジュース・ロビンソン(28)から4勝目を挙げて優勝戦線に生き残った。ジュースが負傷中の左ヒザに集中攻撃を加え、Skull End(変型飛龍裸絞め)で捕獲。これで体力を削り取ると、最後はラウンディングボディープレスで圧殺した。初出場の新鋭を容赦ない戦いぶりで退けたSANADAは、2敗で首位グループを追う。