4日の新日本プロレス愛媛大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、飯伏幸太(35)は永田裕志(49)を撃破して4勝3敗と白星を先行させた。永田の大☆中西ジャーマンを着地すると、ハイキックからシットダウン式ラストライドを発射。最後は新必殺技のカミゴェ(相手の両腕をつかんでのニーアタック)で激闘を制した。首位勢を勝ち点2差で追う飯伏は「結構見えてきたんじゃないかな、決勝戦。気は抜けない。一つひとつ大切に」と残り全勝を誓った。