【米国・ニュージャージー州ブアヒーズ5日(日本時間6日)発】快挙じゃ! 邪道・大仁田厚(59)が米国初の電流爆破デスマッチを敢行し、大成功に終わらせた。

“全米一危険な団体”とされる「CZW」が当地のフライヤーズスケート場で開催した興行で、マット・トレモント(28)とノーロープ有刺鉄線電流爆破バットマッチで対戦。消防による入場制限がかかり開始が遅れた一戦は、試合前から異様な熱気に包まれた。

 2000人を超える超満員札止めのファンから大「ONITA」コールで迎えられると、先に主導権を握った邪道が相手を捉えて有刺鉄線に。これで額から流血させると、あいさつ代わりの爆破バットをフルスイング。初めて体験する激しい爆発音と会場に立ち込める硝煙に、観衆のボルテージは最高潮に達した。

 その後、試合は6人タッグに変更。保坂秀樹、雷神矢口を従えた大仁田は2発目で被弾してしまうが、最後も強烈な一撃を敵軍にお見舞いして自軍を勝利に導いた。

 試合後、大仁田はトレモントに「日本に来い! もっとすごい電流爆破を体験させてやる!」と呼びかけると「米国の皆さん、本当にありがとう! 俺たちは同じ人間なんじゃ!」と英語で“大仁田劇場”を展開。さらに“聖水”パフォーマンスも飛び出し、ファンを魅了した。

 長年の夢だった米国での電流爆破を実現させた邪道は、残り3か月を切った引退ロードを突き進む。