元横綱大鵬(享年72)の孫で元関脇貴闘力(50)の長男・納谷幸男(23)が7日、新間寿プロデュース「原点回帰プロレス」(後楽園ホール)でデビュー2戦目を行い、雷神矢口(年齢非公表)にわずか86秒で勝利した。予想以上の圧勝で大器の片鱗を見せつけた納谷は、新たな目標に東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞新人賞の獲得を掲げた。そのための新たなプランとは――。

 まさかの瞬殺劇だった。納谷は開始から得意の右ロー、右ハイとキックを連発してダメージを与えると、その後も蹴りのラッシュ。たまらずヘッドロックで組みついてきた矢口を抱え上げると、豪快な岩石落とし一撃。海千山千の矢口に何もさせず、アッサリ葬った。あまりの衝撃に声を失った観客を残し、納谷はノーコメントで控室へ戻った。

 9月のデビュー戦でも矢口に完勝した。しかし青柳政司総裁(60)率いる魔世軍が何度も試合に介入。有刺鉄線バットやパウダーが飛び交う大乱戦となった。この日はその「仕切り直し」として行われただけに、86秒殺でうっぷんを晴らした格好だ。

 公称201センチの巨体を生かし、圧巻のインパクトを残してのデビュー2連勝。納谷は浮かれることもなく「成長するには、とにかく経験を積まないといけないと思うんです」とキッパリ。さらには「(所属の)リアルジャパンの大会すべてに出場するのはもちろんですが、次の試合でもインパクトを残して、他団体でも起用してもらえるようにしたい。そうやって試合数を増やしていきたいんです」と先を見据えた。

 3月28日に予定されている次回大会の3戦目では、より衝撃的な試合を見せて他団体からのオファーを呼び込もうというわけだ。順調に行けば年間で30〜40試合をこなすことになるが、その先には「来年(プロレス大賞の)新人賞をもらえるところまで行きたいです。そのためにも頑張るしかない!」と大きな目標を掲げていることも明かした。

 また来年の大相撲初場所で初土俵を踏む予定の弟・納谷幸之介(17=埼玉栄高3年)についても「戦う場所は違うけど、頑張ってほしいし、自分も負けたくない思いがある」と熱っぽく語った納谷。

 リングと土俵、戦場こそ違うが、兄弟揃って頂上にたどり着くために、一試合一試合を着実に戦っていく覚悟だ。