【函館2歳S(日曜=23日、函館芝1200メートル)注目馬20日最終追い切り:函館競馬場】初戦は1着から4着までがそれぞれハナ差。大接戦をモノにした勝負根性が光ったデルマキセキ(写真左)。この日は藤岡康を背に、ウッドでハイドロフォイル(古馬500万下)との併せ馬。2馬身追走態勢から堂々、半馬身の先着を果たした(5ハロン69・5―12・6秒)。

 馬体が締まったことで動きにも素軽さが増してきた印象だ。鞍上は一発を狙っている。

 藤岡康騎手「デビュー前よりも反応が良くなっていますね。思ったほどテンションが上がってこないのはいい傾向。今年のメンバーはこれといった馬が不在ですから」