【新馬勝ち2歳総点検(土曜22日=中京)】戦前から最も注目を集めたのは芝1600メートルのトゥザフロンティア。母は名牝トゥザヴィクトリー、兄姉にも重賞ウイナーが名を連ねる超良血馬が、単勝1・5倍の圧倒的な支持に応えた形だが、内容的には危なっかしい部分も多く見受けられた。

 大外枠を利してモマれない位置でレースを進めたものの、4コーナー手前で鞍上の手が動いてからの反応は鈍く、直線では内にササって追いづらくなるシーンも…。もっとも裏を返せば、幼さばかりが目立つ競馬で勝ち切ったことが高い素質の証しとも言える。

 父が新種牡馬ロードカナロアに替わり、兄姉とは別の長所を持つ可能性もある。この血統を知る池江厩舎が今後、課題を修正することに期待して「将来性B」とした。