【アイビスSD(日曜=30日、新潟芝直線1000メートル)注目馬25日朝の表情:栗東】「先週、北海道で重賞を勝った馬(函館2歳S=カシアス)、ウチのおいっ子の馬やねん」

 いきなり“ファミリートーク”をぶち込んできたフィドゥーシアを担当する吉田厩務員は「ちなみに今週は息子がやっているマキシマムドパリ(クイーンS)と親子で同じ日に重賞を使うことになる。これも珍しいやろ」。

 肝心のフィドゥーシアはこの日、Eコース(ダート)経由で坂路に入って軽めのキャンターを行った。

 騎乗した金折助手「先週、ステッキを使ってしっかり追い切ったら、その後は息の入りも良くなった。今、体重は鞍を着けて502キロ。少し余裕があるので、明日(26日)もそこそこやると思う」