【アイビスSD(日曜=30日、新潟芝直線1000メートル)注目馬26日最終追い切り:栗東】フィドゥーシアは開門と同時にウッドに入り、単走でラスト4ハロン標からスタート。軽快に飛ばし、ゴール前はしっかりと追われてラスト11・7秒(51・0秒)をマークした。陣営は特に息遣いの良さを強調した。

 金折助手「動き自体は良かった。ここに向けて調教を始めた時は息遣いが悪くてしんどそうだったけど、(今朝は)かなり良くなっていた。やっぱりオープン馬ですね。自分で体をつくってます」

 現在はオープン特別を連勝中。勢いそのままに重賞ウイナーまで上り詰める可能性は小さくない。