【アイビスSD(日曜=30日、新潟芝直線1000メートル)注目馬27日最終追い切り:栗東】ネロは開門(午前5時)と同時に坂路に入り、4ハロン50・3―12・0秒を馬なりでマークした。

 ただ朝一番のきれいな馬場状態だけに、この馬の能力を考えれば、これくらいの時計は出て当然。求めるレベルが高いこともあり、陣営のジャッジは微妙なものだった。

 高野助手「まだ筋肉がモリッとしてこないんですよね。気持ちの方も落ち着き過ぎているというか…。この追い切りでどこまで変わってくれるかでしょう」

 当舞台5戦5連対の実績に加え、戸崎圭とのコンビは3戦全勝だけに、アッサリがあっても何ら不思議はないが…。