【新馬勝ち2歳総点検(日曜7月30日=新潟)】芝内1400メートル(牝)は土曜より2秒速い1分23秒3の決着となったが、これはペース差(5ハロン通過60秒5)に起因するもの。ルリハリの時計は牝馬限定戦としては標準レベルといったところ。

 420キロの小柄な馬体で、仕上がり度合いで他をリードしていた側面もあり、今後の活躍は上積み幅がどれだけあるかにかかっている。