5日、小倉競馬6Rで川田将雅騎乗のサイレントアスカ(牝3)が1着となり、同馬を管理する小崎憲調教師が、現役では110人目となるJRA通算200勝を達成した。

 小崎調教師は「これまで力を貸していただいたたくさんの方々と、暑いなか命懸けで走ってくれた馬たちに感謝です。また次のレース、次の1勝に向けて気を引き締めてやっていきたいと思います」とコメントした。