【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)dodo馬券】日曜新潟メーンは、サマーマイルシリーズ第2戦(最終第3戦は9・10京成杯AH)のGIII関屋記念。今年も真夏の越後路に個性豊かなマイラーが揃った。3連勝で中京記念を制したウインガニオンに人気が集まるが、当欄が狙うのは13連敗中のクラリティスカイ。一変した中間の調教、かつての主戦・横山典に戻ってGI馬が長いトンネルから抜け出す――。

 クラリティスカイが斎藤誠厩舎に移籍したのがちょうど1年前。中山金杯2着、小倉大賞典3着など好走もあるものの、2桁大敗もあって迷走を続けてきたが“時は来た”。3歳のNHKマイルCから遠ざかっていた勝利が近づいている。

 陣営が選んだ舞台は世代の頂点に立ったマイル戦。相田助手は「1週前追い切りは予定通りビシッと攻めた。最後まで動きは鈍らず内容は良かった」と手応えをつかんだうえで「すべてが手探りだった昨年の関屋記念(8着)とは違いますよ」ときっぱりだ。

 復活に向けて厩舎サイドが施した新たな策は坂路オンリーの仕上げ。中距離戦がメーンの前回まではトラック主体に仕上げてきたが、今回は一転して“マイル仕様”にシフトチェンジした。

「帰厩時から坂路でしっかりと負荷をかけてきた。以前だとすぐにトモが疲れていたけど、今はガタッとくるところがない。普段は15―15秒ペースで乗るように心掛けていても時計になってしまうくらい行きっぷりがいい」と同助手は活気に満ちた姿を強調する。

 2年以上勝ち星がない現状にあっても限界の声は聞こえてこない。「牧場から戻ってくるたびに“次はこういう調教にしてみよう”と思うんです。奥があるんですよ。今回でようやく方向性がつかめた」と自信を持って送り出す。

 一昨年のマイルCS(12着)以来、久々に手綱を取る横山典も変化を感じているそうだ。「転厩時は(横山)ノリさんにいろいろとアドバイスをいただきました。この中間は感触を確かめてほしいと頼んだのですが“馬の格好がいいから乗らなくていい”と。普段から気に掛けてくれています」(同助手)

 運動時の様子から馬場入り、立ち姿と馬体の変化はすでに把握済みとのこと。GI馬に導いた名手のジャッジは頼もしい限りだ。クラリティスカイにとってこの一戦は単なる復活走ではなく、結果が求められる新たな門出となる。