【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】ブラックムーンはウッド5ハロンからゆったりとスタート。コーナーに入ってもペースを上げず、ラスト1ハロンだけ伸ばしてのフィニッシュとなった(70・5―39・6―12・3秒)。夏3走目でも変わらず高いレベルのデキを維持しており、陣営は順調をアピールした。

 西浦調教師「中2週なので、テンからは行かず上がり重点の追い切り。いい動きでした。(3着だった前走の中京記念も)あの(前残りの)馬場であそこまで押し上げられたのはそれだけ状態がいいから」

 週末の馬場状態は微妙(日曜は晴れ予報も前日が雨予報)だが、今の充実ぶりなら崩れることはないはずだ。