【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)注目馬10日朝の表情:美浦】連覇を目指すヤングマンパワーは厩舎周りの運動でしっかりと体をほぐした。

 手塚調教師「先週ビシッと追って、予定通りの調整ができている。デキは今年に入って一番。昨年と同じくらいの感じかな。(外枠からタフな競馬を強いられ16着大敗した前走の安田記念を踏まえ)テンの3ハロンを34秒台で入るとどうしても後半が厳しくなる。最初のポジションにはこだわらず途中から押し上げていく形で」