【ジャパンカップ(26日=日曜、東京芝2400メートル)注目馬15日1週前追い切り:栗東】主役と目されるGI・6勝馬キタサンブラック(写真右)は、黒岩(レースは武豊)を背にウッドで3頭併せを敢行。道中は前の2頭を見る形で進み、直線入り口手前で馬体を並べると残り1ハロンで1頭が早々に脱落。最後は残り1頭との併走になったが、楽な手応えのまま6ハロン81・5秒、ラスト1ハロン12・3秒をマークした(併入)。陣営の自信は揺るぎない。

 清水久調教師「1週前としては予定通り。前走(天皇賞・秋=1着)後はそれなりの疲れがあったけど、どこも傷んでいないし、すぐに乗りだせましたからね。前回の豊さんのコーナーの動きは神騎乗だったし、どこからでも競馬できる馬で何の不安もありません」