【東京スポーツ杯2歳S(土曜=18日、東京芝1800メートル)注目馬15日最終追い切り:美浦】ルーカス(写真手前)は今回手綱を取るムーアを背に南ウッドで3頭併せ。前半から行きっぷり良く、鞍上も抑えるのに苦労するほど。それでも3コーナー過ぎからは折り合って、直線で軽く仕掛けられるとグンと伸びてクビ差先着(4ハロン53・0―37・5―12・4秒)。鋭さという点ではまだ物足りなさを残すが、ダイナミックな動きから相当なパワーを秘めているのは間違いない。

 ムーア騎手「初めてまたがったけど、まだ馬は子供だね。(それでも)2歳馬にしてはしっかりとした骨格をしている。動きはいいし、性格もいい。将来的にはかなりいい馬になりそう」

 完成度では西の大器ワグネリアンに及ばないかもしれないが、潜在能力の高さとムーアの剛腕でクラシック戦線に名乗りを上げたいところだ。